• キャンペーン・限定品
  • ピアベルピア化粧品
  • ピアベルピアREシリーズ
  • ピアベルピアQシリーズ
  • 華セレクション
  • 全アイテム一覧
  • 肌悩み別
  • 年代別
  • テーマ別
  • スタートキット
  • ピアベルピアREシリーズお試しセット
  • 無料ソープサンプルセット
  • ビューティーポイントについて
  • メールマガジンのお申込み
  • ぴあブロ
  • ピアベルピア公式FaceBookページ
  • ピアベルピア公式Instagramページ

オンラインショップ営業日

6
SMTWTFS
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
7
SMTWTFS
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

comodo

当サイト(piabelpia.com)は、COMODO JAPANのセキュア・サーバIDを採用しています。安心して各種サービスをお楽しみください。

特集一覧はこちらから

特集 ピアベルピア 男性のニキビ
4月
男性のニキビ きっと何かが始まりそうな春!むむっ。それなのにニキビ?
男性の肌は、新陳代謝が活発なため皮脂分泌が多く、外気のホコリや雑菌、タバコの煙ととかく肌が汚れやすくなりがちです。しかも、日常的に日光をダイレクトに浴びることが多いので、ニキビができやすいといわれています。
シッカリ洗顔しているのにニキビが・・・。
洗顔で肌を清潔にするのが男のスキンケアの基本!
と思われている方も多いのでは?しかし、皮脂の分泌が多い男性でも、洗顔後にカサカサと肌の乾燥を感じている方は多いようです。
肌をゴシゴシこすったり、長時間洗い続けるなど、過剰な洗顔は肌に必要な潤い成分まで洗い流してしまい乾燥を招きます。すると、肌に潤いを与えようと余計に皮脂がでて、
肌も汚れやすくなり、ニキビができやすい環境をつくってしまいます。
こんなこと、あんなこと、していませんか?
Check 洗顔のときは、ゴシゴシ擦って洗っている。
気になるからとニキビの部分を擦って洗うと肌に刺激を与え、負担がかかり悪化する原因のひとつとなります。「泡」のクッションで優しく洗うのがポイント。ニキビのところに手のひらが触れないよう、泡でクルッと軽~く洗うくらいにして、擦らないように意識しましょう。
Check 弱酸性の洗顔料を使用している。
日焼け後や、肌がデリケートに傾いている時などは、弱酸性の洗顔料を使うのも良いのですが、古い角質や不要な皮脂を肌に負担をかけることなく洗い流してくれるのは弱アルカリ性の洗顔料です。毛穴の汚れもスムーズに取リ除かれていきますので、ニキビも解消しやすくなりますよ。肌の状態に合わせて洗顔料を選ぶことが大切です。
Check 洗顔後は、何もつけずにそのままにしている。
時間がたてば皮脂がでてくるから・・と思っていませんか?
年齢、性別を問わず、肌は水分をほしがっています。アルコール(エタノール)が入らない化粧水を少量ずつ繰り返し与えることで、肌がほしがっている適量をキチンと補うことができますよ。
年齢や肌の状態によって化粧水だけで物足りないときには、保水力を高めるために保湿の補いもしてみましょう。肌内面の水分量が整ってくると、ベタつきも少しずつ解消してきます。
Check いつの間にか手で触っている。
無意識のうちにニキビを触ってしまうことはありませんか?
手の雑菌がついてしまい、ニキビが悪化します。気になっても、触らないようにしましょう。また、日中もベタつきが気になるときには、テッシュ
で顔を押さえると適度に皮脂が取れて清潔に保てますよ。
Check お酒はもちろん!お菓子や甘いものも好き!
摂取した糖類、糖分、脂肪分は体内でエネルギーに変わりますが、使われなかったエネルギーは中性脂肪に形を変え体内で蓄積されます。中性脂肪が増えると皮脂分泌量が増えて毛穴が詰まり、ニキビの原因にも。甘いものや油っこいものの取り過ぎには注意したいですね。
食事の内容にも気をつけたい ニキビ解消のためには
ベータカロチン(ビタミンA) ビタミンB2
抗酸化力が強く、肌荒れや老化を予防する。緑黄色野菜:おくら、かぼちゃ、春菊、にら、小松菜、しその葉、にんじん、芽キャベツ、ほうれん草、ピーマン、ブロッコリー 皮膚の粘膜の代謝を促す。皮脂分泌対策に。うなぎ、さば、納豆、卵、豚肉、ほうれん草など
ビタミンB6 ビタミンC
脂肪を分解 いわし、まぐろ、さば、卵、レバー、鶏肉など コラーゲンを生成。ニキビ跡の色素沈着予防に。フルーツ以外にもブロッコリー、ピーマン、トマト、キャベツ、カリフラワーなど
バランスの取れた食事はもちろんですが、摂取する内容にも気をつけたいですね。