• キャンペーン・限定品
  • ピアベルピア化粧品
  • ピアベルピアREシリーズ
  • ピアベルピアQシリーズ
  • 華セレクション
  • 全アイテム一覧
  • 肌悩み別
  • 年代別
  • テーマ別
  • スタートキット
  • ピアベルピアREシリーズお試しセット
  • 無料ソープサンプルセット
  • ビューティーポイントについて
  • メールマガジンのお申込み
  • ぴあブロ
  • ピアベルピア公式FaceBookページ
  • ピアベルピア公式Instagramページ

オンラインショップ営業日

11
SMTWTFS
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
12
SMTWTFS
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

comodo

当サイト(piabelpia.com)は、COMODO JAPANのセキュア・サーバIDを採用しています。安心して各種サービスをお楽しみください。

特集一覧はこちらから

2月特集 かゆみは肌のSOS!
乾燥が気になる季節。
顔にかゆみを感じることはありませんか?

肌が乾燥すると、外部の刺激から肌をまもる
バリア機能が低下するため、刺激を受けやすい
状態となり、それに伴いかゆみが出てくるのです。
シミやニキビ、エイジングケアなども、健康な肌があってこそ
効果が上がるもの。いつものスキンケアをお休みして、
救急ケアで肌のバリア機能を回復させることを最優先しましょう。
かゆみは肌からのSOSのサイン!
ひとくちに『かゆみ』といっても、少しかゆいだけだったり、ヒリヒリと痛みがあったりと違いがあります。かゆみの度合いによって救急ケアのポイントも異なります。必要なポイントを押さえて、一刻も早く肌のSOSを解消しましょう。
かゆみレベル01/今までは何ともなかったのに、洗顔後にムズムズとしたかゆみを感じるようになったなど、かゆみはすぐおさまるが、ときどきかゆいことがある。顔のカサカサ・つっぱり感が強くなった。
バリア機能低下の初期段階。
バリア機能を回復させるために、肌を乾燥させないことが最優先となります。

ローション類を洗面台やお風呂場へ持って行き、洗顔後や入浴後に即!水分補給をするなど、水分が蒸発する隙を与えない、すばやい水分補給がポイントです。

救急ケアを続けて、かゆみやつっぱりを感じなくなれば、もとのお手入れに戻してOKです。
ローション類を洗面台やお風呂場へ持って行き、洗顔後や入浴後に即!水分補給をするなど、水分が蒸発する隙を与えない、すばやい水分補給がポイントです。
救急ケアのポイントとおすすめアイテム
洗顔
洗顔料をいつもよりマイルドなタイプに変えます。 ソープを使っているならQソープ、Qソープならクリームソープに変えるなど。
Qソープ
水分
洗顔後、時間をあけず、すぐにつける!
量はいつもどおりたっぷりと。
少量を7~8回繰り返しつけます。
ローション+エルビオローションの合わせ使い
保湿
使用量をいつもより少し多めにします。
しっとりミルキー/Qクリーム
UVケア/メイク
いつも通りでOK。
おすすめアイテムのご購入はこちらから
かゆみレベル02/肌に赤みが出たり、ときどき顔全体にかゆみを感じる。または、頻繁に部分的にかゆみを感じることがある。乾燥がひどく、目や口の周りに皮ムケができる。
バリア機能の低下が進行し、肌荒れを起こしはじめた状態。
水分が蒸発しやすい状態になっていることが考えられるので、レベル1同様、洗顔後のすばやい水分補給に加え、水分をしっかりと閉じ込めるために保湿に油分の多いアイテムをプラスすることがポイントです。

バリア機能の回復には少し時間がかかります。
かゆみや赤み・皮ムケがおさまっても、肌状態が安定するまで 2~3ヶ月は救急ケアを続けましょう。
水分が蒸発しやすい状態になっていることが考えられるので、レベル1同様、洗顔後のすばやい水分補給に加え、水分をしっかりと閉じ込めるために保湿に油分の多いアイテムをプラスすることがポイントです。
救急ケアのポイントとおすすめアイテム
洗顔
肌への刺激が少ない
弱酸性の洗顔料に変えます。
クリームソープ
水分
レベル1同様、洗顔後すぐにたっぷりと繰り返し補給します。刺激が少ない敏感肌用などのローション類を選びましょう。
Qローション+ローションの合わせ使い
保湿
使用量を多めにし、油分の多いアイテムをプラスします。
オイル・Qオイル
UVケア/メイク
いつも通りでOK。
おすすめアイテムのご購入はこちらから
かゆみレベル03/肌に赤みが出て、常にかゆみや痛みがある。化粧品がしみる。乾燥がひどく、目や口の周りだけでなく頬にも皮ムケができる。
バリア機能が低下し、肌荒れを起こした状態。
敏感肌用などの刺激の少ないアイテムを使い、肌を保護し、かゆみや痛みを和らげることを最優先します。

保湿重視のスキンケアがポイントです。
いちど肌荒れを起こしてしまうと、バリア機能が回復するにはかなり時間がかかります。かゆみなどの症状が治まり、肌状態が良くなったように見えても、完全に安定するまでには半年以上かかることも・・・。

救急ケアを続けて、段階を踏みながらゆっくりともとのケアに戻していくことも重要なポイントです。
保湿重視のスキンケアがポイントです。
救急ケアのポイントとおすすめアイテム
洗顔
洗顔料を使わず、軽めの素洗いのみにします。クレンジングの使用も避けましょう。
水分
敏感肌用などの刺激の少ないローションを使い、しみない(刺激を与えない)ように、つける回数や方法を工夫して十分に補います。
Qローション
保湿
敏感肌用などの刺激の少ないアイテムで、オイルなどの油分を中心にして、たっぷりと使います。しっかりと肌を保護しましょう。
Qクリーム・Qオイル
UVケア/メイク
肌の保護を優先したシンプルなスキンケアなので、軽くシンプルにします。
クレンジングの使用を避けるため、ファンデーションは使わずフェースパウダーのみに。ポイントメイクも口紅のみにとどめます。
フェースパウダー/コンパクト用レフィル
おすすめアイテムのご購入はこちらから
花粉や黄砂など肌への負担が増えるこれからの季節を快適にのりきるためにも、今のうちからベストな肌状態が保てるようにしたいですね。そのためにはまず、バリア機能の低下を招く乾燥から肌をまもること。次に、かゆみなどの肌のSOSを見逃さないことが大切です。とくに空気が乾燥している今の時期は注意が必要です。毎日のお手入れで、肌がSOSを出していないかしっかりチェックして、肌荒れ知らずの健康肌をめざしましょう。救急ケアの方法は、肌の状態によってさまざまです。通常のスキンケアに戻すまでに、時間と工夫が必要な場合もあります。肌の変化を感じたら・・・ぜひ、美容アドバイザーにご相談ください。
ピアベルピアをご使用の方はこちらから/ログイン後、「美容アドバイザーに相談する」をご利用ください。 ピアベルピアをご使用でない方はこちらから/スキンケアチェック後、ご相談ください。